GCP生の声

HOME > GCP生の声> 卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

外務省職員

牛田 貴広

牛田 貴広

GCP1期生
平成26年度法学部卒業

 外務省に入省して以来、主に国際会議で発表される宣言の翻訳や政策の説明資料の作成などに携わりました。日・モンゴルEPA交渉、中国APEC首脳会議など、外交の現場を垣間見ることができ、非常に刺激的な日々でした。将来は、対中外交の専門家として日中関係の最前線で働きたいと考えています。そのためにも「十年一剣を磨く」との思いで、創大生らしく目の前の仕事に誠実に取り組んでいます。

 GCPでの学びを通し、国際政治、経済などのグローバルな課題について、自分の言葉で表現し、意見を伝える経験を通して、漠然と抱いていた外交への興味が明確な決意に変わりました。現在の仕事では、英語の文章を要約したり、情報を分かりやすく整理してまとめたりする機会が多々あります。GCPでの経験のおかげで、こうした仕事にも積極的に取り組むことができていると思います。

 GCPは、「成長したい」という学生の情熱に最大限応えてくれるプログラムです。充実のカリキュラムと教授陣、共に切磋琢磨する仲間がいます。そして、真の地球市民を育てたいという創立者の心を受け継いでいます。志ある受験生の皆さんを、創価大学でお待ちしています。頑張って下さい。

大阪大学大学院

佐藤 千華

佐藤 千華

GCP1期生
平成26年度経済学部卒業

 私は現在、大阪大学大学院経済学研究科に所属し、行動経済学、実験経済学を学んでいます。今の進路を選ぶ一つのきっかけとなったのが、GCPのプログラムを通し、学ぶこの喜びや、楽しさに気づけたことです。特に、様々な学部の仲間とともに学ぶことで、自分自身の視野も広がり、学問に対する興味関心も深まったように思います。また、留学中の経験も非常に活きています。私の専攻分野は、経済学でも比較的新しい分野であり、日本では学べる機会が多くありません。留学先でその導入となる授業を履修できたことは、現在の研究にとても役立っています。

 私が創価大学に入学した当初は、英語が大の苦手で、留学など夢のまた夢でしたので、このような有意義な経験ができたのも、GCPがあったからだと感謝しています。GCPには、どんなに無謀に思える夢でも、真剣に向き合い、応援してくれる仲間や、先生方が沢山いますので、皆さんも思う存分挑戦してください。

 私は現在、両親や先生方をはじめ、沢山の方々のおかげで、自分の好きなことを、好きなだけ存分に学べる環境に身を置かせていただいています。今後は、この学びを活かし、社会に貢献することで恩返しをしていきたいと考えています。

日本マイクロソフト株式会社

阿部 薫子

阿部 薫子

GCP1期生
平成26年度文学部卒業

 日本を代表する企業をお客様とし、最新IT技術でお客様の目標やヴィジョン達成のために自社がどのような物事を提供できるかを日々考えながら提案活動を行っています。アメリカ本社とのコミュニケーションは英語で行われます。GCPで培った「相手に伝わる英語力」や「論理的な思考」「ディスカッション能力」など、様々な力が生きていると感じる瞬間です。

 また、プログラムゼミで学んだ「解のない課題に取り組む姿勢」は、毎日役に立っています。社会に出て遭遇する課題に、唯一解はほぼ無いからです。わからないながらも可能な限り課題について理解し、妥当と思われる解決策を考える。これを何度も経験したからこそ、会社においても様々な難題にも取り組むことができています。

 GCPは、夢のために頑張りたい人が、120%頑張れるように応援するプログラムであり、応援する人々の集まりだと思います。入学当初、「世界を舞台に働きたい」との強い想いだけを持っていた私はGCPで、がむしゃらに勉強してきました。その努力と周囲のサポートがあったからこそ実力をつけることができました。ぜひ皆さんがGCP生として、最高の学生生活を送られることを期待しています!

東京大学大学院

中村 賢一

中村 賢一

GCP1期生
平成25年度経工学部卒業

 現在、私は東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程を終え、博士課程に在籍しています。大学院では生物海洋学を専門とし、亜熱帯海域に生息する動物プランクトンによる排泄の物質循環への寄与を研究しています。語学や論理的思考力など、GCPでの学びは、研究の根幹となる英語文献の閲読や論文の執筆、海外研究者との交流など、様々な場面で大いに役立っています。

 卒業後は、環境省やJICA、国際機関等で、大学院で身に付けた専門性を活かし、自然環境側の立場から環境問題に取り組みたいと考えています。私が学ぶ海洋学分野で、博士課程を経て研究職に就かずに行政・政策分野に進むのは、あまり一般的ではありません。それでも型にはまらずに自分らしい経験を積もうと思えたのは、GCPの先生方や同期の学生からの刺激や触発によるものだと感じています。GCPで得た、高い志持つ仲間との連帯は創価大学でしか築くことのできなかったものだと実感する日々です。受験生のみなさん、GCPには充実した学習環境とともに、どこまでも切磋琢磨し合える友情があります。自分を信じて積極的に挑戦してください。

アメリカ ジョーンズ・ホプキンス大学大学院

菅原 將

菅原 將

GCP1期生
平成25年度経工学部卒業

 私は、現在、ジョーンズ・ホプキンス大学大学院で免疫学を学び、ウイルス感染における細胞の免疫応答について研究しています。GCP時代に鍛えた英語力、ディスカッション力のお陰で、ディスカッションの授業の中でも積極的に参加できるなど、アメリカ最高峰の大学院で勉強できるだけの実力をつけることができました。

 将来は、免疫学の分野で世界に通用する研究者となり、自分の研究によって、一人でも多くの命を救うのに貢献したいと考えています。私は、有名進学校の出身で、国立大学に進学するか、創価大学に進学するか、悩んだ末、創価大学に入学しました。そして、GCP生として勉学に一心に励む中で、世界中から最優秀の学生が集まるジョーンズ・ホプキンス大学大学院に合格することができました。大学4年間に何をするかによって、自分の可能性をいくらでも広げることができます。特に、創価大学のGCPには、自分の夢を見つけ、それを実現することのできる環境が整っています。受験生の皆さんが、創価大学のGCPに入り、世界中で活躍する姿が、私達卒業生の一番の励みになります。ぜひとも、創価大学のGCPを目指して、受験勉強頑張って下さい。

ページトップ