GCP生の声

HOME > GCP生の声> 卒業生からのメッセージ

先輩GCP生が答えます

国立大学と悩んでいますが…
法学部法律学科4年 福岡県 県立・東筑高等学校
森 裕之
私も、地元の国立大学と創価大学のどちらに進学するか悩んでいました。しかし、創価大学の先輩方と懇談し、GCPのパンフレットを見た際、創価大学、そしてGCPに入ればこんなにも力をつけることができ、輝くことができるのかと感じ、創価大学進学を決意しました。GCPに入ってからは、先生方や共に学ぶ友人たちのおかげで、アカデミックスキルを身につけることができました。その結果の一つとして、アメリカへの交換留学を勝ち取ることができました。皆さんもぜひGCPに入り、世界で活躍できる力を手にしましょう。
寮生活について
工学部環境共生工学科3年 東京都 私立・創価高等学校
長塚 健汰
私は残寮生として2年間を寮で過ごし、後輩のGCP生も見てきました。寮の一番の魅力は共に勉学に励む友人の存在です。私の場合、学部とGCPの両立は非常に大変だったので毎日夜遅くまで勉強していましたが、勉強漬けで挫けそうな夜も、隣で一緒に机に向かってくれた友人のおかげで、逃げずに自分のやるべきことに向き合うことができました。国際学生寮である友光寮(男子)と創春寮(女子)では、海外からの留学生の友人を作ることもできます。寝食を共にし、同じ机に学んだ友は一生の財産になります。
2次試験英語対策について
法学部法律学科3年 茨城県 県立・日立第一高等学校
山崎 静香
インターネットでTOEFLライティングトピックを検索し、本番と同じ時間設定で書いてみて、高校の先生に添削していただきました。時間を計って、本番同様に練習出来たので、ペース配分の感覚をつかむことができました。効果的なエッセイの書き方を学ぶのに、ベレ出版の「英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング」という本が役立ちました。また、「ドラゴンイングリッシュ」という教材の例文を暗記し基礎固めをしました。英検1級や国立大学2次試験の英語ライティングも形式が似ているので、その対策をしていれば準備になると思います。
クラブとの両立は可能ですか?
文学部人間学科4年 東京都 私立・創価高等学校
落合 舞子
GCPでは、毎日の放課後の時間に特別な授業が行われます。予習・復習はもちろん、出される課題の量も多いため、勉学に専念するという意味で、1・2年次のクラブ活動は禁止となっています。ただし、3年次からは個人の関心や将来の方向性に合わせて、より自由に活動することができます。私自身、将来はCG映像の制作に携わりたいと思うようになり、3年次からは専門学校とのダブルスクールに挑戦しました。

ページトップ