GCPの成果

HOME > GCPの成果> 懇談会・セミナー

懇談会・セミナー

 GCPでは、海外から創価大学に来学される著名な研究者、教育者等と講演会や懇談会を開催しています。GCP生は、世界の一流の知性と人間性を学び、より一層の高い志を持ち、勉学に挑戦しています。

ヨハン・ガルトゥング博士の特別セミナーを開催

 平和学の創設者であり、世界の平和構築のために尽力されているヨハン・ガルトゥング博士のGCP生特別セミナーが、平成24年2月29日に開催されました。

 セミナーでは、第1部としてGCP1期生と2期生の代表が、これまでのGCPの研鑚に基づいたリサーチ発表を英語で行い、ガルトゥング博士がGCP生の発表について講評しました。第2部では、「平和構築のための地球市民の役割」と題し、ガルトゥング博士によるGCP生のための講演を行いました。

 講演では、ガルトゥング博士は、平和を構築するためには、多様性の尊重に基づいたネットワークを世界に築くことが重要であると指摘し、教育こそがそのような人材を育てることができると強調されました。

 ガルトゥング博士は、GCP生の日々の研鑚を高く評価され、「GCPが開始されてわずか2年の間に、知性と教養ある優秀な学生を育成されたことは特筆に値します。今後もGCP生が勉学に挑戦し、世界に飛躍する人材に成長されることを強く期待します」と語られました。

写真中央:ヨハン・ガルトゥング博士

メアリー・ボールドウィン大学副学長らと懇談

 創価大学との学術交流協定の準備のために来学された米国メアリー・ボールドウィン大学オコネル副学長、メトロ教授とGCP女子学生の代表が、平成23年11月4日に懇談しました。

 メアリー・ボールドウィン大学は1842年に設立された名門女子大学であり、少人数クラスによるリベラルアーツ教育を提供しています。

 懇談会では、GCP生より、「社会における女性の役割」、「女性リーダーに求められる資質と能力」など女性の活躍に関する質問や、メアリー・ボールドウィン大学の理念と創立者についてなど、積極的に質問がなされ、オコネル副学長らと和やかな中にも活発な懇談が行われました。

 オコネル副学長は、「創価大学の訪問では、たくさんの素晴らしい思い出をつくることができましたが、中でも、GCP女子学生との懇談は特に有意義な機会でした」と語られ、「GCPは、優秀な学生を輩出しているプログラムであり、創価大学の誇りとなるでしょう。今回懇談したような学生たちにはメアリー・ボールドウィン大学の女子学生と是非とも一緒に学んでほしい」と期待を寄せられました。


写真左より:メトロ教授、オコネル副学長

ページトップ